This House Is Not for Saleをボンジョヴィがリリース

ボンジョヴィがニューアルバム「This House Is Not for Sale」をリリースしました。

妻がアマゾンで購入したのですが、まだ届いていないので聞けていません・・・・

ですが、ボンジョヴィのムック本「ボン・ジョヴィ 1983-2016」を発見したので、まずはこちらを購入して先に読んでみました。

これ、なかなか読み応えあります(^^)

最新のジョンボンジョヴィのインタビューにはじまり、過去の節目のジョンのインタビュー記事(たまにリッチーサンボラも登場)の再掲載があるので、ニュージャージーの田舎者だったジョンが成長していく様子がうかがえます。

過去のミュージックライフの表紙も掲載。

ボン・ジョヴィ 1983-2016

昔の長髪時代が懐かしいですね!

過去の写真もいくつも掲載されているので、ジョンの胸毛を見たい方は・・・・( ̄ー+ ̄)キラリ

ボンジョヴィの歴史におなか一杯になる一冊です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

リッチーサンボラはところでどうした?

「ボン・ジョヴィ 1983-2016」の最新インタビューでもジョンがリッチーサンボラについて話していますが、やはり今はボンジョヴィを脱退状態のようです。

最新アルバムの「This House Is Not for Sale」も、ギタリストはリッチーサンボラではなく、ツアーでリッチーの代役をしていたフィルXが参加しています。

でも、フィルXは正式メンバーとしての加入でなく、あくまでサポートメンバーの一人としての扱いのようです。

リッチーとジョンは喧嘩別れではないと語っていて、ジョンとしてはいつリッチーがボンジョヴィに戻ってきてもいいと考えているように思えます。

そんなリッチーは現在マイケルジャクソンのツアーへの参加で話題になったオリアンティと交際中のようで、音楽活動も一緒にしているようですね。
リッチーはオリアンティと共作のアルバムも作成中のようで、今度は関係がうまくいくといいですね・・・

リッチーのボンジョヴィへの復帰は、たぶんプライベートの安定が無いと起こらないと思うので。

「This House Is Not for Sale」のレビューは、アルバム聞いたらやろうと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。