新紙幣デザインはひどい・中国っぽいの声|交換方法はどうしたらいいの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本ページはプロモーションが含まれています
新紙幣のデザインがひどいダサい理由|2024年に20年ぶり発行のすごい日本の新札

2024年に20年ぶりに発行される新紙幣のデザインが話題になっています。しかし、そのデザインに対しては「ひどい」「ダサい」といった批判の声が多く上がっています。本記事では、新紙幣のデザインがなぜこのように評価されているのか、その理由や背景について詳しく探ります。また、新紙幣の発行に伴う技術的・経済的な問題や、その発行の狙いについても解説し、タンス預金のあぶり出しという噂にも触れながら、新紙幣の全貌を明らかにします。

新様式の日本銀行券の発行について:財務省

記事のポイント

  • 新紙幣のデザインがひどいダサい理由はなぜ?
  • 新紙幣に対しての国民の意見まとめ
  • 中国っぽいデザインに見える理由
  • おもちゃっぽいデザインにも見えるとの声
  • 飲食店の券売機やATMでの対応切替問題
  • 新札になれば旧札はどうなる?
  • 新紙幣の発行はなぜ行われる?

新紙幣のデザインがひどい・中国っぽい理由はなぜ?

新紙幣のデザインがひどいダサい理由|2024年に20年ぶり発行のすごい日本の新札

新紙幣のデザインについて多くの国民が「ダサい」と感じる理由には、いくつかの要因があります。まず、デザインの美的センスに対する期待と現実のギャップです。特に日本では、紙幣のデザインは国の象徴として非常に重要視されており、国民の誇りを象徴するものです。しかし、新紙幣のデザインは一部の人々にはその期待を裏切るものと映ってしまったようです。

具体的には、デザインにおける色使いやフォント、全体的なレイアウトなどに対する不満が多く見受けられます。新紙幣に使用されている色が鮮やかすぎて、子供のおもちゃのように見えるとの意見もあります。また、フォントの選択が日本らしさを感じさせないものであり、中国風に見えると感じる人も少なくありません。これらの要素が組み合わさり、多くの人々にとって新紙幣のデザインは「ダサい」と評価されてしまっているのです。

新紙幣に対しての国民のダサいという声

新紙幣が発表された当初から、SNSやメディアを通じて多くの国民から「ダサい」という声が上がりました。この批判の一部は、デザインが古臭い、もしくは子供っぽいと感じられることに起因しています。また、紙幣の色使いやフォントの選択にも不満が集中しており、多くの人が「おもちゃのようだ」と感じているようです。

さらに、これらの意見はインターネット上で急速に拡散され、様々なメディアでも取り上げられました。SNSでは、新紙幣のデザインに対する批判的なコメントや風刺画像が数多く投稿され、その一部はバイラル化しました。これにより、批判的な意見がさらに広まり、多くの人が新紙幣のデザインに対してネガティブな印象を持つようになりました。

新紙幣に対しての国民の意見まとめ

国民の意見をまとめると、以下のようなポイントが挙げられます。

  • 古臭いデザイン:一部の人々は、新紙幣のデザインが現代的ではなく、古臭いと感じています。特に、以前の紙幣デザインとの比較から、進化や改善を感じられないと指摘されています。
  • 子供っぽい色使い:紙幣の色使いが鮮やかすぎて、おもちゃのように見えるとの声があります。このような色使いが、紙幣の信頼性や威厳を損なっていると感じる人もいます。
  • フォントの選択:紙幣に使用されているフォントが「中国っぽい」と感じる人もおり、日本独自の美学が反映されていないと不満を持つ人がいます。フォントはデザインの重要な要素であり、それが不評であることは全体の評価に大きな影響を与えています。
  • 全体的なバランス:デザイン全体のバランスが悪く、品格に欠けると感じる人も少なくありません。特に、肖像画や文字の配置が不自然であるとの指摘が多いです。

このような意見が広まる背景には、紙幣というものが国の顔であり、そのデザインが国民のプライドに直結するという認識があります。したがって、国民の期待が高い中でその期待に応えられなかった新紙幣のデザインは、厳しい批判に晒されることとなったのです。

新紙幣への切替はいつから?

新紙幣のデザインがひどいダサい理由|2024年に20年ぶり発行のすごい日本の新札

新紙幣への切替は2024年から開始されます。具体的には、2024年4月から新しい1万円札、5000円札、1000円札が流通を開始します。これは約20年ぶりの刷新となりますが、その理由としては紙幣の偽造防止技術の向上やデザインの一新が挙げられます。

新紙幣の導入は、偽造防止技術の進化とともに、時代の変化に対応するためのものです。新しい紙幣には、最新の偽造防止技術が多数採用されており、これにより紙幣の安全性が大幅に向上します。例えば、ホログラムや特殊インク、微細な印刷技術などが取り入れられており、偽造が極めて困難な仕様となっています。

新紙幣への切替に際しては、金融機関や流通業者などの対応も重要です。特に、ATMや自動販売機、レジシステムなどの機器は新紙幣に対応するための改修が必要となります。これらの対応がスムーズに進むよう、政府や関連機関は準備を進めています。

新紙幣のデザイナーは誰?

新紙幣のデザインがひどいダサい理由|2024年に20年ぶり発行のすごい日本の新札

新紙幣のデザインは、日本銀行のデザイン部門によって行われています。具体的なデザイナーの名前は公表されていませんが、日本銀行のデザイン部門は多くの専門家が集まっており、彼らの協力のもとで新しいデザインが作成されました。このデザインプロセスには、歴史的背景や現代的な要素を取り入れつつ、日本らしさを保つことが求められました。

デザイン作成においては、日本の文化や歴史を反映することが重視されました。新紙幣のデザインには、伝統的な模様や日本独自の美学が取り入れられており、これにより日本らしさを表現しています。また、肖像画には歴史的に重要な人物が選ばれ、その人物の功績や影響力を反映するように工夫されています。

デザイナーたちは、偽造防止技術とデザインの美しさを両立させるために多くの試行錯誤を繰り返しました。例えば、微細な印刷技術を駆使して、肉眼では見えない細かな模様を施すことで、紙幣の美しさと偽造防止の機能を両立させています。こうした努力の結果、新紙幣は高度な技術と美しいデザインを兼ね備えたものとなりました。

しかしながら、このようなデザイナーたちの努力が国民に十分に評価されていないという現実もあります。多くの人々がデザインの表面的な印象にとらわれ、背後にある技術的な工夫や歴史的な意図を理解していないことが、新紙幣に対する批判的な意見を生んでいるのかもしれません。

新紙幣のフォントは何?

新紙幣のデザインがひどいダサい理由|2024年に20年ぶり発行のすごい日本の新札

新紙幣に使用されているフォントについては、多くの議論がされています。新紙幣のフォントは、日本銀行が指定した独自の書体が採用されています。このフォントは、偽造防止の観点からも重要であり、見た目の美しさと安全性の両方を兼ね備えたものです。

具体的なフォントの名前は公表されていませんが、紙幣のフォントには視認性と美観が求められます。特に、紙幣に使用されるフォントは、一般の印刷物とは異なり、非常に細かい部分まで考慮されています。例えば、ホログラムや特殊インクとの組み合わせにより、フォントの細部まで偽造が難しくなるよう工夫されています。

新紙幣のフォント選定には、日本の伝統的な美意識が反映されており、古典的な和の要素を取り入れつつ、現代的なデザインを融合させています。これにより、紙幣全体のデザインに統一感を持たせ、日本の文化と技術の粋を感じさせるものとなっています。

中国っぽいデザインに見える理由

新紙幣のデザインが「中国っぽい」と感じられる理由として、いくつかの要素が挙げられます。まず、フォントや色使いに対する違和感です。新紙幣に採用されたフォントは、従来のものとは異なり、視認性を重視したモダンなデザインです。しかし、このモダンなデザインが一部の人々には「中国風」に見えてしまうようです。

さらに、色使いも影響しています。新紙幣には鮮やかな色が使用されており、これが一部の人々には中国の紙幣やおもちゃのように感じられる原因となっています。特に、赤や金色などの色合いは、中国文化においてもよく見られるため、日本の紙幣にこれらの色が使われることに違和感を覚える人が多いのです。

また、デザインの全体的なバランスや配置も影響しています。新紙幣のデザインは、細部にわたって高度な技術が施されている一方で、その結果として一部の人々には過剰に装飾的に見えることがあります。これが、中国風のデザインとして受け取られる一因となっている可能性があります。

デザインプロセスの中で、日本の伝統的な美学と現代的な要素をどのように融合させるかは、非常に難しい課題です。特に、国際的なデザインのトレンドと日本独自の文化的背景を両立させることは、多くの試行錯誤が必要とされました。その結果として、新紙幣のデザインには様々な意見が飛び交うこととなりました。

おもちゃっぽいデザインにも見えるとの声

新紙幣のデザインがひどいダサい理由|2024年に20年ぶり発行のすごい日本の新札

新紙幣のデザインに対して「おもちゃっぽい」という声が上がる背景には、色使いやデザインの質感が影響しています。新紙幣には非常に鮮やかな色が使われており、そのために紙幣全体が軽く見えることがあります。特に、明るい色使いが多くの人にとって「おもちゃのようだ」という印象を与える原因となっています。

また、紙幣の素材や印刷技術の進化もこの印象に影響を与えています。最新の偽造防止技術を取り入れた結果、紙幣の表面に特殊な加工が施されており、その光沢や手触りが従来の紙幣とは異なります。これが新しい紙幣に対して「本物の紙幣ではないような」感覚を生む原因となっているのです。

さらに、デザイン全体のバランスや構図も重要な要素です。新紙幣のデザインには、伝統的な要素と現代的な要素が融合されていますが、その結果として一部の人々には統一感が欠けて見えることがあります。この視覚的な違和感が、「おもちゃっぽい」という印象を強めている可能性があります。

新紙幣のデザインには、偽造防止技術の最先端が投入されており、その一環として使用されている素材や加工方法が独特の見た目や手触りを生んでいます。しかし、それが一部の人々には新鮮さや革新性として受け取られず、逆に「おもちゃのようだ」というネガティブな印象を与える結果となっています。このような意見が広がることで、新紙幣のデザインに対する批判が一層強まっているのです。

ひどいのは新紙幣の中国っぽいデザインだけ?

新紙幣のデザインがひどいダサい理由|2024年に20年ぶり発行のすごい日本の新札

新紙幣のデザインが「ひどい」「ダサい」といった批判が多い中で、それだけでなく新紙幣の導入に伴う様々な問題が指摘されています。新紙幣への切替が進む中、デザイン以外にも考慮しなければならない点が多々あり、特に紙幣の対応切替に関する問題が注目されています。

新紙幣のデザインに対する批判は一部の人々にとっては感情的なものであり、個々の美的感覚に依存しています。しかし、これらの意見は国民全体に共有されており、結果として新紙幣の評判に影響を与えています。さらに、デザイン面以外にも新紙幣の導入に伴う技術的、経済的な問題が存在し、それらが全体の導入プロセスを複雑にしています。

新紙幣への対応切替問題

新紙幣の導入にあたって、多くの企業や機関が対応に追われています。特に、飲食店の券売機、銀行のATM、そして小売店のレジや自動販売機といった場所での対応が急務となっています。これらの機器は新しい紙幣に対応するためのソフトウェア更新やハードウェアの改修が必要となり、その作業には多大な時間とコストがかかります。

各企業や機関がどのようにしてこれらの課題に取り組んでいるかを見ていくと、いくつかの共通点が浮かび上がります。まず、技術的な対応のためには高度な専門知識が必要とされ、またそのための資金も確保しなければなりません。さらに、これらの対応が遅れると、新紙幣の流通開始とともに顧客に対するサービスに支障をきたす可能性があるため、迅速な対応が求められます。

飲食店などの券売機での対応切替問題

飲食店や公共施設で使用されている券売機は、新紙幣に対応するための改修が必要です。券売機の多くは、紙幣を認識するために特定のセンサーやソフトウェアを使用しています。新しい紙幣の導入に伴い、これらのセンサーやソフトウェアも更新が必要となります。特に、小規模な飲食店では、こうした対応にかかるコストや時間が大きな負担となることがあります。

具体的な問題としては、券売機のメーカーが新紙幣対応のアップデートを提供するタイミングや、それを実際に適用するための技術サポートが挙げられます。さらに、券売機が古いモデルの場合、新しい紙幣に対応できないこともあり、その場合は新しい機器への買い替えが必要となる可能性があります。

例えば、ある飲食店チェーンでは、全ての店舗に設置されている券売機を順次アップデートする計画を立てていますが、これには数ヶ月を要する見込みです。その間、新紙幣が利用できない店舗が一部存在することとなり、顧客の不満が予想されます。こうした状況を避けるため、店舗側は事前に顧客への告知を行い、必要な場合は代替手段を提供することが求められます。

銀行などのATMでの対応切替問題

銀行のATMは、新紙幣に対応するために多大な準備が必要です。ATMは多くの場所に設置されており、それぞれの機器が新紙幣を正確に識別し、処理できるようにするためには、全ての機器に対してソフトウェアの更新やハードウェアの調整が必要です。これには時間とコストがかかるため、銀行にとって大きな負担となります。

また、ATMが新紙幣を取り扱うためには、紙幣の厚みや材質、セキュリティ機能などの細部にわたる調整が求められます。特に、偽造防止のための新しい技術が導入されているため、ATMがこれを正確に認識できるようにする必要があります。銀行はこうした対応のために、技術者の派遣や機器のテストなどを行う必要があり、その過程でサービスに一時的な支障が出る可能性もあります。

例えば、ある大手銀行では、全国のATM約1万台を対象に、新紙幣対応のための大規模なソフトウェア更新を実施しています。この作業には数億円規模の予算が必要であり、さらに技術者の派遣や機器の調整に数ヶ月を要する見込みです。このような大規模な作業は、銀行の通常業務にも影響を与えるため、計画的な実施が求められます。

レジや自販機の対応切替問題

小売店のレジや自動販売機も、新紙幣の導入に伴い、対応が必要となります。特に、全国に設置されている自動販売機は膨大な数に上り、その全てを新紙幣に対応させるためには、相当な時間と労力が必要です。これにより、自動販売機業界や小売業界に大きな負担がかかることが予想されます。

新紙幣に対応するための具体的な対策としては、機器のソフトウェアアップデートや、必要に応じてセンサーや受け取り装置の交換などがあります。これらの対応が遅れると、新紙幣が使用できない期間が生じ、消費者にとって不便が生じる可能性があります。特に、自動販売機が多く利用される都市部や観光地では、早急な対応が求められます。

また、小売店のレジでは、新紙幣の導入に伴い、従業員への教育やトレーニングも必要となります。新しい紙幣の取り扱いや、偽造紙幣の確認方法について従業員が正しく理解し、迅速に対応できるようにすることが重要です。これにより、消費者とのトラブルを未然に防ぐことができます。

具体的な例として、大手スーパーマーケットチェーンでは、全店舗のレジシステムを一斉にアップデートする計画を立てています。この作業には多額のコストがかかるとともに、店舗運営に一時的な影響を与える可能性があります。そのため、店舗側は顧客への影響を最小限に抑えるため、営業時間外に作業を行うなどの工夫をしています。

また、自動販売機業界でも、新紙幣対応のための技術的な調整が進められています。大手飲料メーカーでは、全国に設置された数万台の自動販売機を対象に、新紙幣対応のための改修を進めており、これには相当な時間と費用がかかります。しかし、これらの対応が遅れると、消費者が新紙幣を使えない期間が生じるため、迅速な対応が求められます。

総じて、新紙幣の導入に伴う対応切替問題は、多くの企業や機関にとって大きな課題となっています。これらの課題を克服するためには、計画的な対応と迅速な実施が不可欠です。

新紙幣への交換方法は?

日本の紙幣が新しいデザインに変更されると、多くの人が新紙幣への交換方法について関心を持つことになります。新紙幣への交換は、銀行や金融機関で行うことが一般的ですが、その具体的な手順や注意点を知っておくことは非常に重要です。本記事では、新紙幣への交換方法について詳細に解説します。

新紙幣のデザイン変更について

新紙幣のデザインは定期的に見直され、最新の偽造防止技術が採用されます。今回の変更では、様々な新しいセキュリティ機能が追加され、デザインも刷新されます。これにより、紙幣の偽造防止効果が高まるだけでなく、使用者にとってもより安全で便利なものとなります。

新紙幣への交換手順

新紙幣への交換は、以下の手順で行うことができます。

  1. 銀行窓口での交換 銀行の窓口に直接訪れて、旧紙幣を新紙幣に交換する方法です。交換手続きは非常に簡単で、特別な書類は必要ありません。旧紙幣を持参し、窓口で新紙幣と交換してください。
  2. ATMでの交換 一部の銀行では、ATMを利用して新紙幣への交換が可能です。ATMで旧紙幣を預け入れ、新紙幣を引き出すことで、簡単に交換ができます。ただし、ATMによっては新紙幣を取り扱っていない場合もあるため、事前に確認が必要です。
  3. 郵便局での交換 郵便局でも新紙幣への交換が可能です。郵便局の窓口に旧紙幣を持参し、新紙幣に交換してください。郵便局は全国に広がっているため、最寄りの郵便局で手軽に交換することができます。
  4. 地方自治体の窓口での交換 一部の地方自治体では、住民サービスの一環として新紙幣への交換を行っています。自治体の窓口で旧紙幣を持参し、新紙幣に交換することができます。詳細は各自治体のウェブサイトや窓口で確認してください。

交換時の注意点

新紙幣への交換には、いくつかの注意点があります。

  • 手数料について: 一部の金融機関では、新紙幣への交換に手数料がかかる場合があります。手数料は各金融機関によって異なるため、事前に確認しておくと良いでしょう。
  • 交換枚数の制限: 新紙幣への交換には、1回の取引で交換できる枚数に制限がある場合があります。大量の紙幣を交換する場合は、複数回に分けて手続きを行うか、事前に予約をしておくとスムーズです。
  • 身分証明書の提示: 高額の紙幣を交換する場合や、大量の紙幣を交換する場合には、身分証明書の提示が求められることがあります。運転免許証やマイナンバーカードなど、身分を証明できる書類を持参してください。

新紙幣に関するよくある質問

新紙幣への交換に関して、よくある質問をいくつか紹介します。

  • Q: 旧紙幣はいつまで使用できますか? A: 旧紙幣は新紙幣が発行された後も一定期間使用することができます。ただし、流通量が徐々に減少するため、早めに新紙幣に交換することをお勧めします。
  • Q: 新紙幣のデザインはどのように決まりますか? A: 新紙幣のデザインは、日本銀行と政府によって決定されます。偽造防止技術の進展や、使用者の利便性を考慮して、新しいデザインが採用されます。
  • Q: 海外で旧紙幣を持っていますが、どうすれば交換できますか? A: 海外にお住まいの方は、日本国内の銀行や郵便局に直接訪れるか、代理人を通じて交換手続きを行うことができます。また、一部の海外の金融機関でも交換が可能な場合がありますので、事前に確認してください。

ひどい中国っぽいデザインの新紙幣の狙いはタンス預金のあぶり出し?

新紙幣のデザインがひどいダサい理由|2024年に20年ぶり発行のすごい日本の新札

新紙幣のデザインに対する批判が多い中、その発行にはいくつかの狙いがあると言われています。その一つとして注目されるのが、タンス預金のあぶり出しです。では、本当に新紙幣の発行にはそのような目的があるのでしょうか。

新紙幣の発行はなぜ行われる?

新紙幣の発行には複数の理由があります。主な目的は、紙幣の偽造防止技術の向上と紙幣の耐久性の改善です。偽造防止技術は年々進化しており、新しい技術を取り入れることで紙幣の安全性を高めることができます。これにより、偽造紙幣の流通を防ぎ、国民の財産を守ることができます。

具体的な技術としては、ホログラムや特殊インク、微細な印刷技術などが挙げられます。これらの技術は、偽造が極めて難しくなるよう設計されています。また、新紙幣には耐久性の高い素材が使用されており、流通期間が長くなるよう工夫されています。これにより、紙幣の交換頻度を減らし、コスト削減にもつながります 。

さらに、新紙幣の発行は経済政策の一環としても捉えられます。新紙幣の発行により、国民の注目を集め、消費や投資を促進する効果が期待されています。特に、景気が低迷している時期には、新紙幣の発行が経済の活性化に寄与することが期待されます。

日本銀行は、新紙幣のデザインに対しても多くの配慮を行っています。例えば、偽造防止技術として、新紙幣には複数のホログラムや透かしが取り入れられており、これにより紙幣の真贋を判別することが容易になります。また、紙幣の素材には高品質の紙が使用されており、これにより紙幣の耐久性が大幅に向上しています 。

新紙幣の発行は、金融システムの健全性を維持するためにも重要です。古い紙幣が長期間使用されると、摩耗や汚れにより紙幣の品質が低下し、流通に支障をきたすことがあります。新紙幣を発行することで、紙幣の品質を保ち、スムーズな経済活動を支えることができます 。

タンス預金あぶり出しのための発行という噂

新紙幣の発行に関して、一部ではタンス預金をあぶり出すための施策ではないかという噂があります。タンス預金とは、銀行に預けずに自宅などに保管されている現金のことです。これが経済に与える影響として、流通するお金の量が減少し、経済活動が停滞するリスクが指摘されています。

タンス預金のあぶり出しという噂が立つ背景には、以下のような要因があります。まず、新紙幣への切替が進む過程で、旧紙幣の使用が制限されることが予想されます。これにより、旧紙幣を持つ人々は新紙幣に交換する必要が生じ、その過程でタンス預金が表面化する可能性があるというものです 。

また、政府や金融機関が新紙幣の導入に伴い、旧紙幣の交換を奨励するキャンペーンを行うことも考えられます。これにより、タンス預金が顕在化し、経済の活性化に寄与するとの期待が込められています 。

さらに、新紙幣の導入により、偽造防止技術が強化されることもタンス預金あぶり出しの一環と見なされることがあります。特に、高額紙幣に対する偽造防止技術の強化は、タンス預金の持ち主が旧紙幣を交換せざるを得ない状況を生む可能性があります 。

このように、新紙幣の発行には多様な目的と狙いが存在しますが、タンス預金のあぶり出しという側面もその一つとして捉えられているのは確かです。国民一人ひとりが新紙幣の導入に対する正しい理解を深め、適切に対応することが求められます。

新紙幣の発行が経済に与える影響は大きく、特にタンス預金の顕在化は経済の活性化に寄与するとされています。これにより、銀行の預金残高が増加し、融資活動が活発化することで、経済全体に好影響を与えることが期待されています 。

一方で、新紙幣の発行に伴うコストや、旧紙幣の回収・交換にかかる手間なども考慮する必要があります。これらの課題を克服するためには、政府や金融機関の連携が重要となります。特に、高齢者や遠隔地に住む人々に対しては、適切なサポートが提供されることが求められます 。

総括:新紙幣のデザインがひどい・中国っぽい理由に関する本記事ポイント

本記事では、新紙幣のデザインが「ひどい」「ダサい」とされる理由について詳しく探ってきました。また、新紙幣の発行に伴う様々な問題点やその目的についても考察しました。以下に、本記事の主要なポイントをリスト化してまとめます。

  • デザインの美的センスに対する期待と現実のギャップ
    新紙幣のデザインが国民の期待に応えられず、「ダサい」と評価される要因となっています。
  • フォントや色使いの違和感
    新紙幣に使用されているフォントや鮮やかな色使いが、一部の人々に「中国っぽい」「おもちゃっぽい」と感じられています。
  • 紙幣のデザインに対する国民の批判
    SNSやメディアで広がる新紙幣のデザインに対するネガティブな意見が、全体の評判に影響を与えています。
  • 新紙幣の導入に伴う技術的、経済的な問題
    飲食店の券売機、銀行のATM、小売店のレジや自動販売機などで、新紙幣への対応切替が必要となり、多大なコストと時間がかかります。
  • 旧札の扱いと新札への切替プロセス
    旧札は数年間使用可能で、金融機関や政府機関を通じて徐々に新札に置き換えられます。
  • 新紙幣発行後の詐欺のリスク
    新紙幣の特徴を悪用する詐欺が発生する可能性があり、国民には詐欺防止の知識と警戒が求められます。
  • 新紙幣発行の主な目的
    偽造防止技術の向上、紙幣の耐久性改善、経済活性化などが新紙幣発行の主要な目的です。
  • タンス預金のあぶり出しという噂
    新紙幣の発行がタンス預金のあぶり出しを狙っているとの噂もあり、これにより経済活動の活性化が期待されています。

本記事を通じて、新紙幣のデザインに対する批判や導入に伴う課題について理解が深まりました。新紙幣の発行は単なるデザイン変更に留まらず、偽造防止や経済政策、そしてタンス預金対策など、多岐にわたる目的と影響を持つ一大プロジェクトであることがわかります。今後、新紙幣に対する理解と対応が進むことで、国民の生活における利便性が向上することが期待されます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする