日米野球2018の第2戦に行ってきました




   ↑   ↑   ↑   ↑
話題のバチェラーシーズン3、口コミが他のシーズンの2倍以上です・・・


日米野球2018の第2戦に行ってきました(^^)

日米野球 2018 第2線

東京ドームで行われた、11/10(土)の試合です。

今回、メージャーリーグ(パンチョ伊東風に)のメンバーは過去の日米野球に比べると非常に地味だったのですが、思わぬ乱打戦でけっこう楽しめました☆

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日米野球2018の日程

日米野球2018、日程は、

(第1戦)11/9(金)18:30 東京ドーム
侍ジャパン vs. MLBオールスターチーム
(第2戦)11/10(土)18:30 東京ドーム
侍ジャパン vs. MLBオールスターチーム
(第3戦)11/11(日)19:00 東京ドーム
侍ジャパン vs. MLBオールスターチーム
(第4戦)11/13(火)18:30 マツダスタジアム
侍ジャパン vs. MLBオールスターチーム
(第5戦)11/14(水)19:00 名古屋ドーム
侍ジャパン vs. MLBオールスターチーム
(第6戦)11/15(木)18:00 名古屋ドーム
侍ジャパン vs. MLBオールスターチーム

です。

日米野球2018 グッズ

東京ドーム周辺でグッズが販売されていました。

日米野球2018 グッズ一覧

日米野球2018 グッズ1

日米野球2018 グッズ2

日米野球2018 グッズ3

日米野球2018 グッズ4

日米野球2018 グッズ5

せっかくの日米野球なのにMLB関連のグッズが少ない気が・・・
メインは侍ジャパンのグッズでした。

私は観戦記念に公式プログラムを購入。
でも、帰ってからアマゾン見ていたら普通にアマゾンに売ってました(笑)


2018日米野球 公式プログラム ~侍ジャパン vs MLBオールスターズ~ (週刊ベースボール別冊北風号)

こういうのって、会場でしか購入できないってわけでは無いのね(; ・`д・´)

日米野球2018の会場周辺イベント

東京ドーム周辺では色々とイベントも行われていました。

日米野球2018 イベント1

日米野球2018 イベント2

あれ、今シーズンの平均球速はチャプマン1位じゃないんですね。

日米野球2018 イベント3

たぶん、フィリーズのホルヘ・アルファーロだと思われるキャッチャーに向かって、投げたボールの球速を係のお兄さんが計測してくれます。

日米野球2018 イベント4

バッティングゲージといういわゆるバッティングをしての的当てもありました。

日米野球2018 イベント5

開場の15時半ギリギリに着いてしまったので、イベントはあまり楽しめなかったのですが、一番やってみたかったのは、ホームランダービーVRです。

日米野球2018 ホームランダービーVR

60分待ちだったのでやめておきました・・・・

日米野球2018の練習風景

試合開始は18時30分からでしたが、その前の練習から観戦。
試合だけだとプレー機会がそもそも回ってこない選手もいるので、やっぱり練習から楽しむのがいいですよね。

座席はほぼ外野の3塁側の内野席でしたが、近くではMLBチームの外野手かな?が練習中。

日米野球2018の練習風景1

ボールけっこう観客に投げ込んでくれます。
野球場にはグローブ必須でした。

そしてバッテイング練習をバックネット裏まで移動して見学。

日米野球2018の練習風景2

バッティング練習の写真1枚目は誰だかわからなかったのですが、、

日米野球2018の練習風景3 ロナルド・アクーニャJr.

2枚目はロナルド・アクーニャJr。
(背番号と名前入りのウェア着ているのでそりゃわかります)

ロナルド・アクーニャJrは、まだ20歳ですが、メジャー史上最年少での5試合連続ホームランを今年記録した選手で、2018年の新人王候補・・・と、書いていたら新人王選出とニュースが。

他の選手とはパワーが違い、軽々とスタンドにボールを運びます。

日米野球2018の練習風景4 ロナルド・アクーニャJr.

1球スタンドインする度に他の選手とバッティング練習を交代して、妙にあっさりしているなと思ったら、この日の試合ではベンチで出場はありませんでした(; ・`д・´)
今回1番見たかった選手なので残念。

アトランタで20歳そこそこで活躍というと、最後に楽天に在籍したアンドリュー・ジョーンズを思い出しますねぇ。

ちなみにMLBが好きなので写真全然撮りませんでしたが、この後は侍ジャパンのバッティング練習も見ることができました。

やっぱりパワーが全然違うな・・・・、と思っていたら、一人だけパワーが違う選手が、


柳田悠岐フォトブック byギータ女子マネ部
(写真無いのでアマゾンから拝借)

軽々と柵越えを連発して、すごいなぁと思っていたら柳田は試合でも大活躍でしたね。
メジャーに行く可能性が言われていて、今の契約が終わるタイミングを待つって記事で読みましたが、その頃は33歳って・・・・李大浩の二の舞になるのでは(; ・`д・´)

日米野球2018の練習風景5

こちらは試合開始直前のウォーミングアップを外野で行う、先発ピッチャーのエラスモ・ラミレス。
エラスモ・ラミレスは、えらいずんぐりむっくりした体型していました。

後で調べて知ったのですが、国籍がニカラグアの選手でした。
ニカラグアといえば、デニス・マルチネスですね。

エラスモ・ラミレスは先発ピッチャーとしてのシーズンもありますが、ここ2年はリリーフだったようで、そのせいかわかりませんが、試合では侍ジャパン打線のカモに。
抑えられそうな気がしませんでした(; ・`д・´)

今回のMLBチーム、マエケン以外はピッチャー微妙ですよねぇ・・・・

日米野球2018 第2戦 スターティングメンバー

日米野球2018第2戦のメジャーリーグチームのスターティングメンバーは、

1番ショート、アメド・ロサリオ
日米野球2018 アメド・ロサリオ

メッツで黒人のショートといえばホセ・レイエスのイメージですが、レイエスクラスの選手になれるのかなぁ。

2番DH、ヤーディエル・モリーナ
日米野球2018 ヤディエル・モリーナ

今回の来日メンバーで一番有名で実績のある選手です。
モリーナ兄弟の一番下でしたが、一番偉大な選手になりましたよね。

3番ファースト カルロス・サンタナ
日米野球2018 カルロス・サンタナ

SANTANAのカルロス・サンタナではなくて、メジャーリーグベースボールのカルロス・サンタナ。
打率.250前後、ホームラン20本前後をコンスタントに記録している選手ですが、それ以上に評価されているのがコンスタントに90個以上のフォアボールを選ぶ出塁率の高さ。
セイバーメトリクス的に優れた選手なんだと思いますが、ちょっと地味なんですよねぇ。

4番ライト ミッチ・ハニガー
日米野球2018 ミッチ・ハニガー

ハニガーって今シーズンシアトルでイチローと外野のポジションを争った選手です。
まあ、イチローはもう力及ばずで、会長特別補佐になってしまいましたが、2018年のシーズン前にこのハニガーのケガというのもイチローのシアトル復帰の一因になりました。
2018年のWAR「6.1」でメジャー全体で19位で、今回来日した選手の中でトップです。
アーロン・ジャッジやコーリー・クルーバーよりもWARでは上なので、日米野球2018の一番の選手はハニガーなのかも。

5番レフト フアン・ソト
日米野球2018 フアン・ソト

フアン・ソトも今回の来日した中では注目です。
ロナルド・アクーニャJrと新人王を争った2018年デビューほやほやのフアン・ソトですが、10代で過ごしたシーズンに記録したOPS+が「166」でメジャー史上1位だったり、メジャーでは少ない10代のシーズンに100打席以上(494打席)と、今後メジャーのスター選手になることがほぼ間違いない選手です。

6番キャッチャー J.T.リアルミュート
日米野球2018 J.T.リアルミュート

イチローがフロリダ・マーリンズ在籍時に名前の聞くことも多かったJ.T.リアルミュートです。
アメリカで一般的なのかわかりませんが、日本人的には変な名前なので名前は知っている方も多いかも。
強打で走れるキャッチャーとしてこれからさらに活躍しそうな選手ですが、たぶんフロリダにいるからモチベーション上がらないんだろうな・・・
本人はフロリダからのトレード志願をしているようなので、実は今回の日米野球が最後のフロリダのユニフォーム姿になるのではないかと言われてます。

7番ライト エンリケ・ヘルナンデス
日米野球2018 エンリケ・ヘルナンデス

ワールドシリーズに出たドジャース在籍のユーティリティプレイヤー。
これまでメジャーでキャッチャー以外の全ポジションを守ったことがあるという珍しい選手です。
最近はこういうどこでも守れる選手を置いて、レギュラークラスの選手をローテーションで休ませるというのがメジャーのはやりの戦略なので、成績は微妙でもどこのチームでも重宝される選手として今後も長く活躍するかもしれません。

8番センター ケビン・ピラー
日米野球2018 ケビン・ピラー

ケビン・ピラーは守備力で注目の選手です。
ちょっと前のホームランバッターばかりの強かったブルージェイズで機動力と守備力で貢献していました。

9番セカンド クリス・テーラー
日米野球2018 クリス・テーラー

クリス・テーラーもいろんなポジションを守れるユーティリティプレイヤーです。
そういえば2018年はメジャー1位の178三振を記録しています。

先発 エラスモ・ラミレス
日米野球2018 エラスモ・ラミレス

というスターティングラインナップでした。

[日米野球] ブログ村キーワード

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする