サザンオールスターズのライブセットリスト 2019/6/15 東京ドーム公演




   ↑   ↑   ↑   ↑
話題のバチェラーシーズン3、口コミが他のシーズンの2倍以上です・・・


サザンオールスターズのライブ、2019/6/15の東京ドーム公演行ってきました!


サザンオールスターズ公式データブック1978-2019
※これ気になります

セットリスト情報と簡単な感想をまとめておきます。
※ネタバレ含みます

※ナゴヤドーム公演の記事はこちら

※横浜アリーナ公演の記事はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク

サザンライブツアー 2019/6/15東京ドーム公演のセットリスト

2019年のサザンオールスターズのライブツアー、2019/6/15東京ドーム公演のセットリストは・・・

これです。

1.東京VICTORY
2.壮年JUMP
3.希望の轍

~MC~

4.闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて
5.SAUDAGE ~真冬の蜃気楼~
6.彩 ~Aja~
7.神の島遥か国
8.青春番外地
9.欲しくて欲しくてたまらない
10.Moon Light Lover
11.赤い炎の女
12.北鎌倉の思い出

~MC~
(メンバー紹介)

13.古戦場で濡れん坊は昭和のHERO
14.JAPANEGGAE(ジャパネゲエ)
15.女神達の情歌(報道されないY型の彼方へ)
16.慕情

~MC~

17.愛はスローにちょっとずつ (新曲※タイトルは仮だけどほぼ決定と桑田さんは言ってました)
18.ゆけ!!力道山
19.CRY 哀 CRY
20.HAIR

~ブレイク~
(忘れられたBig Wave)
※メンバー紹介での関口和之のネタ回収

21.当たって砕けろ
22.東京シャッフル
(21,22はメドレー)

~小林克也VTR~

23.DJ・コービーの伝説
24.わすれじのレイド・バック
25.思い過ごしも恋のうち
26.はっぴいえんど
27.シュラバ★ラ★バンバ SHULABA-LA-BAMBA
28.マチルダBABY
29.ミス・ブランニュー・デイ (MISS BRAND-NEW DAY)
30.イエローマン~星の王子様
31.マンピーのG★SPOT

~アンコール~

32.I AM YOUR SINGER
33.LOVE AFFAIR~秘密のデート~
34.栄光の男
35.勝手にシンドバッド
(ジャビットくん登場!)

~MC~

36.旅姿六人衆 旅姿四十周年

横浜アリーナ公演以降、同じセットリストですね。

サザンライブツアー 2019/6/15東京ドーム公演の感想

今回、なんとアリーナ席Aブロックで見ることができました。
東京ドームは25番ゲートだとアリーナ席になると聞いたことがありますが・・・・本当みたいです( ̄ー+ ̄)キラリ

座席は前に行けば行くほどライブ感を感じることができるみたいで、桑田さんの熱量を感じられるあっという間の3時間半でした。

ここからは何曲かピックアップして感想を。

1.東京VICTORY

1曲目の東京VICTORY、最初の「オ~」の掛け声で一気に盛り上がりますね~。
最初のサビが終わるまでは、ステージにかけられている白幕に桑田さんのシルエットが移すという演出もかっこいいです。

2.壮年JUMP

歌詞を変えて「ライブへお越しくださいましてありがとう」の観客への語りかけを入れてくるところに、サザンのサービス精神を感じます。
とにかくサイダー飲みたくなる1曲です。

3.希望の轍

希望の轍はやっぱりいい!
それにしてもこれ3曲目でやるなんて贅沢です。
演奏前にはエボシ岩の映像が流れました。

4.闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて

スクリーンに歌詞がカッコよく流れるのが印象的でした。
歌詞間違えたら台無しじゃないか・・・と思いましたが、桑田さんってほとんど歌詞間違えないですね。

40年やって、あんなに曲があるのにこれってすごいと思います。

5.SAUDAGE ~真冬の蜃気楼~

ここからしっとり、というか渋い曲が続くセクション。
サザンのライブはスクリーンに歌詞を出してくれるので、不思議な歌詞がよくわかってよかったです。
ところで、「イエマンジャー」ってなんですか?

6.彩 ~Aja~

海のOh, Yeah!!に収録されたし、春だからセットリストに加わった・・・のかな。
今回の40週年のライブツアー以前は、発売年の2004年に数回演奏されただけなので、セットリストに加わって嬉しかった人も多かったと思います。

7.神の島遥か国

最初にTIGERさんの沖縄民謡なのかな?から始まる演出がよかったです。
このセットリスト順は春から夏へという季節の流れを表している?

8.青春番外地

いや~、令和の時代にこのものすごく昭和の歌謡曲っぽい選曲がいいですね。
桑田さんの曲は時代を超えていると思います。
桑田さん以外がこういう曲を歌っても良いとはたぶん感じないはずです。

10.Moon Light Lover

名曲ですよね。
桑田さんって色んなジャンルの曲を歌いこなせて本当にすごいなと感じました。

12.北鎌倉の思い出

原坊タイム。
サビでスクリーンに流れた紫陽花の映像はたぶん北鎌倉の明月院だと思います。
原坊の時間って、けっこうみんなトイレタイムなんですよね・・・

それにしても、桑田さんも原坊も昔から作る曲の雰囲気が変わらないってすごいと思います。
時代に合わせてとか、そういうことを超えたアーティストだなぁ、とありがたく拝聴しました。

16.慕情

ライブ前半のハイライトですね。
桑田さんのボーカルの素晴らしさを存分に堪能できました。
年を重ねて円熟味を増した今の桑田さんはちょっと神がかり的です。
感動しました。

17.愛はスローにちょっとずつ

新曲ですね。
いい曲だと思いますが、ちょっとキャッチーさが無い感じもするので、シングルのB面とかになるのかも。

18.ゆけ!!力道山

タイトルはあれですけど、曲はカッコいいですよね!
スクリーンには力道山の映像が流れます。

19.CRY 哀 CRY

ハードロックテイストでギターがカッコいい曲ですよね。
サビの前の部分好きです。

20.HAIR

HAIRも桑田さんの歌詞のすごさが感じられる名曲だと思います。
「天国は人生を印刷するスペース」なんて、今の若手アーティストに書けるのだろうか・・・
すごくよかったです!

23.DJ・コービーの伝説

曲前、曲中、曲後の小林克也のVTRが最高でした。

24.わすれじのレイド・バック

曲中はスクリーンにサザンの昔の写真が流れます。
やっぱり大森さんは・・・・

26.はっぴいえんど

はっぴいえんどでは、桑田さんがステージの左右端まで移動して歌ってくれました。
最近の曲ですが、名曲です。
ゆったりリラックスして聴ける曲です。

27.シュラバ★ラ★バンバ SHULABA-LA-BAMBA

桑田さんはジュリアナ風の扇子をフリフリ。
ここからアップテンポの曲が続きます。

最後のサビの前に、ピンキーとキラーズの「恋の季節」を挟むのも面白かったです!

28.マチルダBABY

イントロのシンセ、いいですよね。
火柱がどんどんあがるし、桑田さんはサビはハイキックを連発するし、盛り上がりました。
桑田さんがハイキックの途中で腰が痛いフリするのも面白かった。
とにかく、アリーナだったのでこの曲の火柱は熱かった(; ・`д・´)

29.ミス・ブランニュー・デイ (MISS BRAND-NEW DAY)

マチルダBABYから続けての演奏。
ステージのスクリーンは近未来的なイメージに。
横浜や名古屋では2番で舌が回らずちゃんと歌えない、のパフォーマンスがあったのですが、今回はちゃんと歌っていました。

30.イエローマン~星の王子様

イエローマン、桑田さんのお気に入りの曲ですよね。
サビの最後は歌舞伎風のパフォーマンスをしたり、とにかく楽しい!

31.マンピーのG★SPOT

本編の最後はみんな大好きマンピー。
公演中に、ずっとステージにいた謎のイエローの仮面を被った人から、桑田さんがあの例のハゲヅラを被らさせられる演出で曲がスタート。
ちなみにハゲヅラにかかれているメッセージは公演によって違っていました。
そして、ステージにはギャルに加えて変態仮面風にパンツを被った男性が多数登場。
桑田さんを変態仮面風が取り囲んで、気持ち悪くてちゃんと歌えなくなる、の演出がAメロとBメロでありました。
そして曲が終わると、変態仮面風の男性たちに対して「パンツを被っちゃいけないよ~」の童謡風の歌が流れて、変態仮面がパンツを畳んだり、ステージに落としたパンツをちゃんと拾う演出は面白かった!

けっこう子連れで来ているファンもいますからね。
パンツは被るとどうなるかはきちんと教えないといけません。

みんな大好きマンピーの最後の「パンツの歌」が終わると、そのままステージが明るくなって本編が終了したことがわかります。
最後に桑田さん「ありがとう」とかもなかったから、本編終わったって最初わからなかった(笑)

32.I AM YOUR SINGER

アンコール開始までは多分5分もなかったはず。
トイレ言った人のほとんどが戻れなかったに違いないです。

桑田さんが今も現役バリバリで歌い続けてくれていることに「I AM YOUR SINGER」を聴くと感謝の気持ちでいっぱいになります。

33.LOVE AFFAIR~秘密のデート~

スクリーンにはベイブリッジなど横浜の風景のイラストが映し出されます。
イントロでの歓声、盛り上がり度がダントツでした。
不倫の曲だから今のご時勢どうなのかとも思いますが、やっぱり名曲ですよね。
2番のサビでボーリングのポーズを取る桑田さん好きです。

34.栄光の男

曲の前には、長嶋茂雄の引退のスピーチ映像が流れます。
なんだか平成を飛ばして昭和と令和がつながった印象です。

個人的には一番聴けてよかった曲でした。
2番ではスクリーンにイチローの映像が流れたのですが、3月にイチローが引退したこの東京ドームでこの演出は感慨深いものがありました。

イチローの引退試合を見たときの思い出と曲がシンクロして胸がいっぱいです。

35.勝手にシンドバッド

ここで金銀テープ放出。
そしてナゴヤドームではドアラが登場していましたがジャビットくんが登場!
お神輿が登場したら、もうステージはなんだかよくわかりませんが、盛り上がりました。

36.旅姿四十周年

執筆中・・・・

セットリスト アルバム別の曲数

東京ドーム公演のセットリストは、どのアルバムから何曲演奏されたのか数えてみました。
その曲の初収録アルバムで数えています。

海のOh, Yeah!! 5曲
葡萄 4曲
綺麗 3曲
さくら 3曲
キラーストリート 2曲
世に万葉の花が咲くなり 3曲
KAMAKURA 2曲
Young Love 1曲
人気者で行こう 2曲
Southern All Stars 2曲
熱い胸さわぎ 2曲
HAPPY! 2曲
NUDE MAN 1曲
10ナンバーズ・からっと 1曲
アーリー・サザンオールスターズ 1曲
稲村ジェーン 1曲
原由子 with サザンオールスターズ 1曲

こうやって見ると、色んな時代から万遍なく演奏されているのがわかりますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする