スターウォーズローグワンの評価、ラスト10分というよりラスト2分が完璧でした

スターウォーズローグワンを見ての評価や感想をネタバレ有りで書きたいと思います。

スターウォーズ ローグワン 映画館

以前書いた記事の続きになるのですが、

スターウォーズ・ローグワンを映画館・劇場で見ました。

きちんとした評価を書こうと思い、再度ローグワンを見てきました。
(ネタバレありで書くので注意してください)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ローグワンのラスト10分よりラスト2分が神です

世代的にあんまり「神」って言葉は使いたくないのですが、ラストの展開は2回目の鑑賞でも興奮せずにいられませんでした。

別のサイトで「ローグワンのラスト10分が完璧」というコメントを見ましたが、

いやいやいや・・・・

ラスト2分が神でしょ(・∀・)b

ラストシーンがそのままエピソード4につながるという展開なので、ラストに近づくにつれて「あれ、これもしやエピソード4の??」みたいなシーンがポツポツと登場するようになります。

ラスト2分の何が神なのかは後半で書きたいと思います。

ローグワンのオープニングはいつものスターウォーズシリーズと違う

これまでのスターウォーズの映画と同じように、

「”A long time ago in a galaxy far, far away.”」

の文章が画面全体に現れて始まるのですが、いつものようにタイトルと映画直前までのストーリー概要の説明の文章が出てきません。

いきなり、いわゆるプロローグ部分にあたるシーンの映像から始まります。

主人公のジン・アーソが幼少期に父親で帝国の科学者のゲイレン・アーソと母親のライラと隠れて暮らしているところに、デストルーパーを引き連れた帝国軍のクレニックが訪れて、結局ここからジンは一人になってしまいます。

そこに現れたソウ・ゲレラのジンに向けた話した「これから長い旅になる」というセリフの後、「ROGUE ONE」のタイトルがスクリーン全体に登場。

いつもの文章だけで表していたエピローグを映像化したということだったんだと思います。

このエピローグを見ただけで、いつものスターウォーズとは別物、スピンオフなんだと感じることができます。

ジンが美人すぎる

タイトルが画面に表示された後、時が流れジンが帝国軍の収容所に捕まっているシーンからストーリーが再開。

そこでジンは、K2SOを含めた反乱軍に救出されるのですが・・・・

成長したジンが美人すぎます(; ・`д・´)

ジンを演じるのはフェリシティ・ジョーンズですが、これまでのスターウォーズの女性役って、美人というよりもファニーフェイスだと思うんです。

レイラ姫のキャリー・フィッシャー、パメドのナタリー・ポートマン、フォースの覚醒のレイのデイジー・リドリー。

みんな抜群の美人ではないけど、個性的な美人という印象。
(あくまでわたし個人の主観ですが)

ジンに関しては、ふとした表情や横顔が美人すぎるんですよね。

でも、ある意味スターウォーズのキャラクターとしてはジンのルックスは正統派ではないということになります。

そこもやっぱりあくまで本編に出てこないキャラクターだがらなのかなぁ・・・・

K2SOは最高に人間臭いドロイド

K2SOは元々帝国軍のドロイドだったのをキャシアン・アンドーが再プログラミングしたということですが、その再プログラミングの影響で「回路に浮かんだこと」をすぐに口に出してしまいます。

K2SOはドロイドなので、様々な計算が得意で、「ジンがキャシアンを高確率でブラスターで撃つでしょう」など、言わんでよいことを次々と口走ります。

それが、全体的に暗いローグワンのストーリーで良い味になっています。

プログラミングと言えばそれまでですが、キャシアンに忠実なところもグッときます。

やっぱり帝国軍のドロイドというだけあって、C3POとは比べ物にならないくらい、使えるドロイドです(・∀・)b

ちなみに、「I have a bad feeling about this.(何だか嫌な予感がする)」のセリフはローグワンではK2SOが言います。

「feeling」なんて抽象的な言葉をドロイドが使うなんて・・・・

そんな言い回しもキャシアンがプログラミングしていたのでしょうか???

チアルートはかっこいいけど残念

チアルート・イムウェは盲目の僧侶で、棒を使った戦闘シーンが最高にかっこいいです!

でも・・・・

その棒術のかっこよさを見せてくれたのが、最初に登場したジェダでのシーンだけだったのが残念というか惜しいです。

その後は基本的にボウガンみたいな装備を使って戦うシーンばかりだったので、チアルートのすごさは映画の前半にしか見られません。

ただ、「フォースを信じる」彼が最後にデススター設計図のデータを反乱軍に送信するための重要な役割を果たすことになるのですが、そのシーンはスピリチュアルですごく良かったです。

すごくかっこいいキャラクターなのは間違いなかったのですが、もっと棒術で大暴れするシーンがあればもっと人気になっていたはず。

最後にダースベイダーと戦うシーンでもあって、多少なりともダースベイダーを押し込むシーンでもあってもよかったと思うのです。

反乱軍の作戦がお粗末すぎる

反乱軍の作戦、命令や指示がお粗末すぎます。

ストーリーに大きく影響する反乱軍の判断ミスがローグワンの中に2つあります。

1つ目は、ゲイレン・アーソがいるイードゥにジンやキャシアンが向かった時です。

元々キャシアンはゲイレンを殺すように反乱軍から命令を受けていたわけですが、ジン達が乗っていた宇宙船が墜落してしまって反乱軍の基地と通信できなくなると、すぐにイードゥへゲイレンを殺すために反乱軍の戦闘機を向かわせます。

でも、キャシアンは無事だったので、元々の作戦をちゃんと続行していました。

そのことを一切考慮せずに、イードゥへの攻撃命令を反乱軍が出したために、あと一歩で救出できそうだったゲイレンを反乱軍の戦闘機の攻撃で殺してしまいます。

もしも、ここでゲイレンを救出できていたら????

きっとわざわざスカリフに乗り込んでデススターの設計図を盗まなくても、デススターの弱点であるリアクターモジュールの場所は、ゲイレンに聞いたら一発でわかったはずです。

イードゥに戦闘機を向かわせたミスが、ローグワンメンバーをスカリフの無謀な作戦に向かわせることになります。

2つ目は、スカリフでローグワンメンバーがデススター設計図を盗む作戦をこっそり始めたことがわかったときの対応。

帝国軍の通信で、スカリフでローグワンメンバーが戦っていることをわかった瞬間、何も考えずに加勢に向かう反乱軍のメンバー達。

・・・・。

もうちょっと落ち着いて作戦を考えたりしないのでしょうか(; ・`д・´)?

結局、反乱軍の戦闘機や艦隊が大量にスカリフの上空に現れたことで、スカリフのシールドゲートが閉じられてしまいます。

シールドゲートが閉じられることで、打出手段がなくなったことに加えて、せっかく設計図にたどり着いても外部との通信手段が一切遮断されてしまったので、設計図のデータを転送することもできない状況に。

これがなければ、ジン達は帝国軍を出し抜いてデススター設計図を盗み出し、全滅せずに帰還することができたかもしれません。

ローグワンのメンバーは生き残れない

ローグワンはスターウォーズのスピンオフ作品。

ローグワンのメインキャラクターたちは、本来ならば脚光を浴びることは無いはずの人物達ということになります。

そのせいなのか、みんなバタバタと死んでいきます。

ジン、キャシアン、ドロイドのK2-SO、チアルートなど、ローグワンメンバーは映画の終わる10分前にはほぼ全員死んでしまいます。

最後にデススターによって、ローグワンのメンバーを残したまま惑星スカリフが破壊されてしまうからです。

ある意味潔いというか、ジンかキャシアンのどっちかは生き残ってもいいじゃん!って思いますが、どうやらディズニーの意向?で、ローグワンメンバーが生き残ると、その後ストーリーの辻褄が合わないということでこうなったようです。

なので、ローグワンは映画終了10分前に本編のストーリーが終了してしまうと言えます。

そして、ローグワンのメンバーが去った後、ローグワンの中で一番盛り上がる、スターウォーズファンが興奮を隠せないシーンの連続になります。

ローグワンのラスト2分からダースベイダーが本領発揮

ローグワンの途中にもダースベイダーは登場しますが、フォースでちょっとクレニックを苦しめるくらいで、そこまでの怖さを感じるシーンはありません。

でも、たぶん、映画を見ている人に「今回はダースベイダーはチョイ役か・・・・」と油断させるためだったんだと思います。

そして映画のエンドロールまでのラスト2分。

エピソード4を見た方には、何やら見覚えのある真っ白な内装の宇宙船と変なヘルメットを被った反乱軍達が登場。

そして、ローグワンメンバーが命をかけて送信したデススターの設計図のデータを反乱軍のメンバーがディスクにコピーした直後、

反乱軍の宇宙船に乗り込んできたダースベイダーが姿を表します・・・

その登場シーンが、超かっこいいです!

闇の中からライトセイバーの起動音とともにあの真っ赤なライトセイバーが、

タカラトミー スター・ウォーズ フォースの覚醒 ベーシックライトセーバー ダース・ベイダー(F7058)

現れて、その後ろにダースベイダーの姿がぼんやりと浮かび上がる・・・・

そのシーンは本当に鳥肌モノです。

そこからのダースベイダーの戦闘シーンがまたすごいんです。

相手はただの反乱軍のメンバーなので、そもそも全く相手にならないのですが、フォース、ライトセイバーを使って思う存分暴れてくれます。

これまでの2時間ほどのローグワンのストーリーを忘れさせるくらい、最後にダースベイダーが全部持っていってしまいます(笑)

うーん、このシーンを見るために2時間我慢したのか・・・・・

ローグワンのラストシーンにはレイア姫登場

ダースベイダーが暴れ回って、みんなが「あれ、ローグワンってどんな話だっけ???」と放心状態になっているところにトドメをさすのが・・・・

スター・ウォーズ コレクターシリーズ レイア姫  ポーザブルドール 人形 ボックス入りセット Kenner社 1997年 STAR WARS ディズニー

そう、まさかのレイア姫の登場です。

しかも、エピソード4の時の若い姿で登場。

後々、このレイア姫は実際の俳優とCGで再現した当時のレイア姫の顔の合成だとわかりましたが、このとき映画館の場内は、

「そっくりさん???」

「合成???」

と、ちょっとして混乱状態になったと思います。

そして、観客がレイア姫の登場に混乱状態が収まらないまま、レイア姫はデススターの設計図のディスクを受け取り、

「これは希望です」
(英語のセリフは「Hope.」の一言)

と言った直後に宇宙船がハイパースペースに入る映像になり、そのままエンドロールとなります。

最後に興奮のピークを持ってきて、サプライズも用意してエンディングという展開は、非常に素晴らしかったです。

そして、多くの方がその後にエピソード4をなんらかの方法で見たと思います。

というか、エピソード4も別作品、別料金扱いでいいので、同じ映画館で上映していた、見たんですけどね・・・・。

ローグワンの評価を一言で言うと「壮大なエピソード4の前振り」

最後はすごく興奮するシーンの連続なんですが、ローグワンのメンバーが全員死んでしまうので、観終わった後はちょっとショックもありました。

でも、この展開が日本版のポスターのキャッチコピーにある、

『希望は、死なない-。』

ということなのだと納得もしました。

スターウォーズ ローグワン 映画館

「希望」はレイア姫に受け継がれ、ルークにつながっていくということですよね。

エピソード4の前振り以上ではない、というのがスターウォーズ作品全体の中での「ローグワン」の位置付けなんだと思います。

ローグワンのサブタイトル「a STARWARS STORY」の意味

日本だと、「ローグワン-スターウォーズストーリー-」というタイトルとサブタイトルで、特にサブタイトルの「スターウォーズストーリー」の部分に意味があるように感じらません。

でも、英語でのサブタイトルは「a STARWARS STORY」で、この「a」が付いている意味が非常に大きいと思うのです。

スターウォーズの世界にはルークやアナキン達メインキャラクター以外にも、たくさんの「ストーリー」、物語があるはずです。

今回のローグワンも、そのたくさんあるメインキャラクター以外も含めた物語の中の「a STORY」(一つの話)に過ぎないということではないでしょうか。

今まで脚光を浴びることの無かったキャラクターにもやっぱり「ストーリー」があって、ローグワンのような数々の犠牲もあって、メインキャラクターのストーリーが成り立っているということを伝えたかったのかもしれません。

今後もスターウォーズのスピンオフ作品が登場するということですが、スターウォーズにはこれだけバックグラウンドがたくさんあるので、「a STARWARS STORY」がまだまだ他にもたくさんあるという含みを持たせているようにも思えます。

それにしても『希望は、死なない-。』というキャッチコピーが実質ローグワンのストーリーの一番のネタバレだったのではないかと、今になって思います・・・・・

スターウォーズ エピソード4の動画を無料で見る

ローグワンを見ると、エピソード4を見ないわけにはいかない!

という状態になってしまうのですが、困ったのがエピソード4の動画、無料動画を探しても全然見つからないところです。

ルーカスフィルムがディズニー傘下に入ったからなのでしょうか・・・・

エピソード4を無料で見る方法としては、スターウォーズの全エピソードが配信されている「U-NEXT」の無料トライアル期間を利用する方法があります。

動画を見るならU-NEXT

たぶん、なんだかんだで「U-NEXT」を使うのが、一番簡単です。

スマホやタブレット視聴もできるので、通勤通学の時に見れちゃうので。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。